Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
新卒で入社して3年たった頃、同期がどんどん結婚を視野に入れた恋愛を楽しんでいました。羨ましかったのですが、わたしには当時やりたい事があり、結婚はその後でいいと思っていたので同僚たちのことは祝福してはいました。わたしのように結婚に至らない恋愛をしていた同期も居て、彼女は本当に鬱陶しかったのです。
わたしの髪はくせっ毛なのですが、早起きが大の苦手でいつもギリギリでした。何とかメイクの時間は確保できてはいたのですが、頑固な寝癖はびくともしないので誤魔化して出勤していました。人前に出るわけではなかったので、一つにまとめていれば許容範囲だったと思いたい程度です。すると目ざとい同期は必ず「パーマかけた?」と聞いてきます。パーマ掛けたわけではなくて、ちょっと髪が1部まっすぐでは無いとかそういうレベルなのにこう聞いてきます。もう「おはよう」って挨拶なのかな?と思うくらい毎日頭の先からつま先まで瞬時に変化を見分けています。暇なのか。

髪だけではなく持ち物も同じで、新しく買ったものからひと月ぶりに使うバッグまで覚えてないのはいいとしてわたしが自分のカバンをてにしているたびに「バッグ買ったの?」と聞いてきます。必ずそれに続くのが「いくらしたの?」です。初めのころは「同じものに興味あるのかな?」と思い正確な値段を教えていましたが、必ず「高いね!わたしは買えない」と言うのです。わたしが幼い頃母親という人がわたしに何か買うのか嫌な人で、何か欲しいと言おうものなら店中に響きわたる声で「(金額が高いという意味で)ゼロ1個多い!」と叫ぶキチガイでしたから、いつも何か買う時頭にこのキチガイ母親の声が聞こえるのでその抵抗と戦いながら買っていたので本当に嫌でした。まるで母親が代わりに「高い!」と批判しているようで不愉快でした。次からは「100円だったよ」と適当にかわしたりしたのですが、もちろん納得するわけがなく、着ている服や靴までも「いくらしたの?」と聞いてきてストレスでした。

そんな彼女は親のコネで入社試験もなく入社し、特に何の成果もないのにわたしより給料は高かったのです。自分で社内財形に給料の大半を貯金しているからお金ないと言っていました。貯金をたくさんすると決めたのだから、残りの範囲内で買い物するのを、良い悪いは別にして買い物を存分に楽しみたいわたしに強制しないで欲しかったです。わたしは欲しいものをほとんど買ってくれなかったり、欲しいものと違うものをあてがわれて嫌な思いを我慢してしたので、せめて自分のお金ではもう自分にたいして我慢させたりしたくないとしたのも自己責任なら、貯金に給料の大半を回したから贅沢出来ない道にしたのも自己責任なのだから、「自分が正しいから自分と同じようにケチケチしなさい」は筋違いではないかと思います。

当時「他の仕事がしたくなりました」とその会社をやめましたが、毎日毎日「何買ったの?」「高くない?」「パーマかけた?」を聞くことが無くなってとても気持ちが楽になりました。
164483s.jpg
2017/10/17(火) 03:49 仕事 PERMALINK COM(0)
最近、家の前の元中学同級生の親から、「高卒で働いてたら良かったのにね」と言われビックリしたことがあります。私は今45歳なのですが、高卒で社会人になっていたらバブル崩壊前に働けていた世代です。私の場合は、短大に進んだので就職はバブル崩壊後となり、バブルの溝の世代です。家の前の元同級生は高校卒業で、地元の優良企業に就職し、いまも良い条件で働き続けています。

私はというと、短大行ってる間にバブル崩壊してしまったので、短大卒業して働いた会社は、家の前の元同級生ほど良い条件の会社には就職できませんでした。しかもその後倒産したので、いまは派遣で仕事をしています。しかし、元同級生とは進んだ道も違いますし、職種も違うしお互い接点もないので、自分と比べるという事もしませんでした。

しかし、たまたま家の前でこの元同級生の母親と会った時に、話しかけられ少し立ち話をした時に、私が派遣で働いている事をどこかの噂で聞いていたようで、「仕事安定しなくて大変だね。高卒で働いてたら良かったのにね」と言われて、相当驚いてしまいました。

そういえば、昔、元同級生が入社すぐのボーナスで40万だっただの、冬はいくらだっただのと聞かされたような気がします。その時は、私はまだ短大生でしたし、バブルも崩壊していなかったので、へ~そんなにボーナス貰えるんだって驚いて「良かったですね」って答えたかと思います。
で、先日の「高卒で働いてたら良かったのに」です。流石に私も、もういい年なので、同級生の母親が、言葉の中に何を含んで言っているのか想像できます。わざわざ高いお金払ってまで上に行ったのに、いまは自分の娘の方が良い会社でずっと安定して働いていると言いたいのですね、、、。


なんで、そんな事をわざわざ本人に言わないといけないのでしょうね。そんな事言われて気持ちいい人間なんているのでしょうかね?こういうのも人に対する攻撃行為ですよね。こういう人に遭遇すると、背筋が凍る気持ちになります。zaiko_kakaeru.png
2016/06/13(月) 03:50 仕事 PERMALINK COM(0)
叔母が去年、行政書士の資格を取得しました。
叔母はもう50歳を過ぎています。
多重債務の破産手続きや相続の遺言手続きなどをやるそうです。
叔母は、結婚前は大手の都市銀行の銀行員として勤務して、結婚とともに退職していたのですが、子ども、私にとって従兄弟の学費を稼ぐためにいろいろなパートの仕事をしていました。
姪の私からみても、とても活発な性格で、なおかつ頭も良くて、それまでのパートでも、高待遇の仕事をみつけたり、職場内で優遇されるのが得意で、尊敬できる素敵な人なのですが、50歳を過ぎてから、行政書士試験にチャレンジしたことも、それを一発でパスしたことも(・。・;驚きました。

叔母は、私の母親の妹で、母ともども仲が良く、よく一緒におでかけしたり、時には旅行にもいくほど仲良しです。
お互いに、よく近況話をしたりするのですが、叔母は、ここ10年の間にも、介護の資格やヨガのインストラクターなど、いろいろなことにチャレンジしていたのを聞いていました。 
10年以上通っているヨガのインストラクターになるチャンスがあり、数年前からは、地元のコミュニティーセンターでヨガを教える仕事もしていたのですが、従兄弟も社会人になったので、空いた時間を有効に使いたいと考え、老後の安心のためにも、独立できる資格取得を目指したそうです。
目指して勉強を始めてから半年で無事に一発合格。
本当に(*^_^*)尊敬しています。

旦那さんが、あと数年で定年退職するので、退職したら、一緒に自宅を改装して、事務所を開業するそうです。
私も自営業をしているので、身内に行政書士がいるのは、!(^^)!助かります。
そんな行政書士の仕事ってどんなだろう?とにかく、普段なら関わる事のないような書類作成や事務手続きをやってくれるスペシャリストです。
2015/05/24(日) 23:26 仕事 PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.