Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
最近購入したおすすめの家電製品は、Panasonicのホームベーカリー「GOPAN」SD-RBM1001です。

自宅でパンやが焼きたいと思ったのをきっかけに、ネットで購入しました。

ちなみに、ホームベーカリーって意外と重たいし嵩張りますので、購入は断然ネットがおすすめです。
また、自宅内のどこを定位置にするかも検討してから購入したほうが良いでしょう。

「GOPAN」の特徴は、なんと言っても「お米からパンが焼けること」です。
これが、他のホームベーカリーとは1番の違いです。

自動メニュー数などは他機種の方が多いものもありますので、「お米パンを焼きたいかどうか」が、この機種を選ぶ際のポイントになります。

私は、近年注目を集めいているグルテンフリーダイエットに興味があったことと、お米の方が小麦よりも低カロリーで腹持ちも良く、ミネラルなども含まれていて食品として優れているイメージがあるので、「是非、お米パンも焼いてみたい!」と思い、こちらの機種を選びました。

ちなみにこの「GOPAN」、ホームベーカリーの中では価格はかなり高い方です・・・。
せっかく高い買い物をしたのだから、沢山使っていこうと思っています。

まずは1番簡単な食パン作りについて書きます。
小麦パンでもお米パンでも、普通の1斤のパンを焼くのは、材料を計って入れるだけなのでとても簡単です。
タイマー機能が付いていますので、食事の時間に合わせて焼きたてのパンが食べられるのが嬉しいですね。

ただ、焼きたての食パンはとても柔らかく、切るのが一苦労です。
焼きたての食パンを頻繁に食べたい場合は、切れ味の良いパンナイフを購入することをおすすめします。

ちなみに、お米から作ったパンは小麦から作ったパンより食感がモチモチしていて、ほんのりとお米の甘味がしてとてもおいしいです。
噛み応えもありますので、腹持ちもいいかも知れません。

食パン以外にも、生地作りまではホームベーカリーで行い、その後の作業は自分で行なう成形パンが作れます。
こちらも、小麦から作る通常のパン生地と、お米から作る「米パン生地」というコースを選ぶことができます。
パン記事を手で捏ねるのは結構な力仕事ですので、その工程をホームベーカリーに任せられるところがポイントです。
ウインナーを入れたロールパンや、好みのおかずを包んで焼いた惣菜パンなど、レシピも自由に作れるのでとても楽しいですよ。

「GOPAN」の弱点は、先ほど申し上げた値段が高いという点と、強いて言えばお米パンを焼く場合は時間がかかるということです。
お米を粉にする工程に時間がかかるので、小麦パンを焼くよりも時間も電気代もかさむんですね・・・。

ただ、パンの他にも、ピザ生地やうどん・パスタ等の麺類、おもち、ジャムなども作れますので、1台で色々な使い方ができて、重宝すること間違いなしだと思います。

まだ購入したばかりの「GOPAN」ですが、これからも色々なパン作りを楽しみたいと思います。
food_bread.jpg
2017/11/14(火) 18:40 ライフスタイル PERMALINK COM(0)
昨年の初冬に結婚し、新居に引っ越すことになりました。
しかし、結婚費用や引越し費用で大金が出て行った上に冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、ベッド、タンスと最低限必要な大型の家財道具を買い揃えたところで、自由になるお金が尽きてしまいました。

そのときはまだ寒くなかったので、暖房器具は後回し、ということになったのです。
そして本格的な冬。寒い日が続きましたが、なんとか耐え凌ぎました。
そのとき2人で「夏の暑さには耐え切れないから、それまでに買おう」と話していました。
そしてようやく冬を越えたある日、「3月末は決算時期だから旧型機を安く売るらしい」という情報を知り、「買うなら今しかない!」と家電量販店に向かいました。

我が家は2DKですがそれほど広くないので、少し大きめのエアコン1台あれば大丈夫だろう、と店員の方にその旨伝えました。
それに、そのときもまだ貧乏だったので旧型機の一番シンプルな(安い)機種をお願いしました。
その結果、最新機種と同じ性能の旧型機を当初予算より3万円も安く買うことが出来ました。
ただし、家の部屋のエアコン用コンセントの形状が購入する機種には合わないため、交換が必要ということになり、予定外の工事費用が発生することになりました。

大阪からエアコン工事屋さんが来ました。
また、ベランダに室外機のダクトだけが残っていたので、そのまま使うつもりでしたが、ダクトにケーブル類を収容するだけでも別途工事費用が発生するとのことです。
詳しく話を聞いていた夫は「自分でやる」と言って、その費用は無しということになりました。
そして向かえた設置日。設置業者の方は1名で来られ、テキパキと作業をされてあっという間に設置完了されました。
その間、夫はダクトのはめ込みをしていましたが、どうやらうまくいったようです。
スイッチを入れると、気持ちの良い風が出ます。これでようやく我が家にも快適なエアコン生活が訪れたのです。
今回のエアコン購入では、2つのことを学びました。
1つは、より安く買いたいならエアコンの購入時期は良く考えるべきということ、もう1つは、賃貸マンションではエアコンの電源の形状やダクトの状態なども予め確認しておく必要がある、ということです。
今回の経験を活かし、次にエアコンを買うときにはもっとスムーズな買い物が出来ると思います。
2017/11/06(月) 18:38 ライフスタイル PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.