Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
なにか品物を購入するときに、どこのブランドなのかを気にする人と、まったく気にしないという人もいます。ブランド品のどのへんが気に入られるポイントなのかと言ったら、商品を作ってきた歴史があり、十分な信頼性を置かれていることが挙げられます。高級ブランドであることは世の中に認められている証明なわけです。

無名の新しく立ち上げられた新参企業はベンチャー企業などとも呼ばれていますが、無名ブランドと有名ブランドでは、固定客が確実につくのが有名ブランドのほうです。

無名の会社がブランド品として扱われるようになるためには、10年20年と会社を継続し、実績を積み上げていく必要がありますから、無名の新参会社が認められていくことは並大抵の道のりではないでしょう。

ブランド品というのは歴史や信頼など以前に、商品の性能やデザイン性の良さが確実に求められています。既存のブランドよりも性能が良い物を作ったら、新参者でも認められていく可能性は高くなるのは間違いないことです。実際に短期間で超人気ブランドになった企業も存在します。
近年は中国の製品の偽ブランドが世界中で出回っている現状があります。偽ブランド商品を作る企業というのは、ノウハウを蓄積しているからオリジナル製品で勝負出来ると思うのですが、偽ブランド工場としての立場を優先しているのは、人を騙したほうが儲かるからということに尽きるのでしょう。
一般人は本物と偽物の区別が付かないことが多いので、そこに付け入る商売というのは、昔から存在していました。それもある意味でブランド品として認められていることになっているわけですが、なんともひねくれた発想です。

良質なものは真似をするところから始まるといいます。たしかに高級ブランドを眺めてみても、ちょっとした見た目の違いだけで、ほとんど似通った商品も見られます。

偽物の商品がどんなに優秀でも悪徳企業として断罪され、本物同士が真似しあうということは認められているわけです。実績を作って正規に認められた者は、他者を真似ても許される世界のように見えるので不思議なことです。

昨今ではブランド品の買取ショップなどが増えており、思ったよりも高値で買い取りしてくれることも少なくないようです。
私の友人は下記のブランド買取店をよく利用しているようです。

http://www.rifrekan.com/rifrekan.html
2016/07/29(金) 07:59 趣味 PERMALINK COM(0)
先日、とある皮膚科のサイトを見つけました。
その皮膚科ではマンガで色々な美容や薄毛・加齢臭の対策にギャグを織り交ぜ解説していく、というマンガなのです。
タイトルは『マンガでわかる肉体改造・湯シャン編』です。
その冒頭の一片だけがサイトに掲載されており、興味を持った私はそのマンガを買いに行きました。
そして読んでみてビックリしました。

最近の私の肌の調子を見透かされたような気分です。
以前の私は就活とか女子会の時くらいしか化粧をしない女でした。
しかし、歳も歳だし、いつまでもスッピンではいられないと思い、毎日化粧をするようになりました。
そして気が付くと、毛穴がひどく開いていました。
それを埋める様にコンシーラーなど色々使い、どんどん厚化粧になって行きました。
だけどそれは逆効果だったのです。

化粧を落とす為に使うクレンジングで、自然でも落ちる古い角質層や皮脂をどんどん落として肌を傷つけていたのです。
その傷ついた肌に界面活性剤の入った化粧品をべたべたつけて、更に傷が増える、という仕組みをこのマンガで教わりました。
界面活性剤は大なり小なりほぼ全部の化粧品に入っているそうです。
界面活性剤は洗剤で使われています。

そのせいで手荒れが起きる人もいらっしゃるでしょう。
そんなものが化粧品に入っていると思うとちょっと怖いです。
とはいえ、化粧をせずにはいられません。
化粧水と乳液を使わないだけでも効果はあるようです。

なので、いきなり下地を塗り、ファンデーションを塗っても大丈夫なのです。
ファンデーションはリキッドよりパウダーの方が落としやすいとの事です。
落とす時も純せっけんを良く泡立てて、汚れが残っていてもいいや、くらいの気持ちで優しく洗えば良いとありました。
汚れは古い角質や皮脂と一緒に自然なターンオーバーで落ちていくから、とありました。

私はクレンジングや洗顔フォームで洗うのは当然のごとく、ピーリングまでしてターンオーバーを人工的に作っていたのです。
まるっきりスッピンで生活する、というのは理想論なので、完璧に実行しなくても大丈夫、と色んな対策も提案していました。
私も今は化粧水と乳液を使わず、下地とファンデーションだけにしています。
少しでも早く、元の肌に戻りたいです。

化粧を始める前の肌を覚えている私は、このマンガを推薦したいと思います。
160713i.png
2016/07/13(水) 02:34 美容・健康 PERMALINK COM(0)
160713h.png
以前は日焼け肌がブームの時代もありましたが、今の世の中は美白ブーム。
日焼け止めや美白化粧品などがたくさん出ており、特に4月から5月ごろの雑誌などでも美白特集として日焼け対策の特集が組まれています。
キレイな肌の条件というと、やはり肌のきめが整っている、毛穴がない、透明感があるなどがあげられると思います。
人はそれぞれ持って生まれた肌質があり、それぞれなんらかの肌トラブルや悩みがあるのではないでしょうか。
私の場合、頬にできたシミや肝斑が悩みでした。

若いころ、日焼けをしていた影響もあり、40歳になって、ふと鏡を見たときに、頬にできているシミがどんどん濃くなっていることに気づいたのです。
もちろん、ここ数年は日焼けにも気を付け、毎日日焼け止めクリームを塗り、外出時は日傘をさして、美白化粧品も取り入れ、積極的に美白対策をしてきたつもりです。

ですが、やはり長年の蓄積されたメラニンは手ごわいのでしょう。
そして一度気になりだすと、毎日、鏡をみるたびにシミしか目に入らなくなってしまいました。
そこで、美容外科でカウンセリングをうけてみることにしました。
https://www.kunisige.com/fee.html

まず、その症状はシミなのか、肝斑なのか、それによって、治療方法もかわってきます。
私の場合は、肝斑もあるということで、それに適したレーザーでの治療となりました。
まずメイクを落とし、目元に保護用のシールドをかぶせ、治療が始まります。
パチパチとはじかれるような痛みと、こげくさい匂いがあり、場所によってはかなりの痛みを感じるところもありました。
両頬で時間にして5分程度でしょうか。

治療後の頬は少しほてりを感じたものの、特に腫れたり、かさぶたになったりするようなことはなく、すぐにメイクしても大丈夫という話でした。

1度の治療ではなかなかすぐに結果は出ないという話で、たしかに1度目の治療後は自分でも「薄くなったのかな?」という程度でした。
その後、1か月後に2度目のレーザー治療をしてもらったのですが、この2度目の治療後はあきらかにシミと肝斑が薄くなったのです。
さらに肌の透明感が上がり、キメが整っていることを感じられました。
シミの治療に通っていると話した方に、2度目の数日後、「薄くなったよね?」と言われたほどです。
自分でもはっきりとシミと肝斑が薄くなっているのがわかりました。

美白化粧品などはもちろんそれなりに効果があり、やはり日々の積み重ねとしては必要なものだと思います。
ですが、すでにできてしまって蓄積されてきたシミや肝斑には化粧品だけでは限界があります。
美容外科というとちょっと敷居が高そうなイメージがありますが、今回、治療をお願いして本当によかったと感じました。
このレーザー治療はあと3回おこなうことになっているので、次回の治療が今から楽しみです。
2016/07/09(土) 02:08 美容・健康 PERMALINK COM(0)
わざわざ話題にするような内容ではないかも知れませんが、私はジャガイモの便利さに魅了されています。
ジャガイモってあまりにも便利な食材です。

誰でも知っているであろう野菜の一つですが、その素晴らしさはいくつもあります。

まず、貯蔵しやすいということがあります。
この飽食の時代に貯蔵についてが一番にきてしまうのが何とも生活感溢れるかも知れませんが、貯蔵が利くといつのはとても大切です。
お米や小麦粉、強力粉も貯蔵に利く穀物ですが、ジャガイモって日本人にとっては主食ではなく、調理法によってはちゃんとしたおかずになるにも関わらず、主食の穀物に次いで保存しやすい、というのはとても素敵なことです。

更に、ジャガイモはどんな料理にも使いやすく、色々なメニューに変身します。
薄くスライスして揚げるように炒めてポテトチップスのようにしたり、柵に切ってフライドポテトのようにするなど、おやつ的なものから、形がなくなるまで火をいれてマッシュ状にして出汁を混ぜたり、オーソドックスにマヨネーズと和えてポテトサラダにしたり、冷たいスープ、ビシソワーズにしたりできます。
また、甘塩っぱい和風の味付けの代表である肉じゃが、玉子と交ぜてスペイン風オムレツ、パスタの具、ベーコンや玉ねぎとの重ね焼き、など、その調理のバリエーションには限りがありません。

そして、個人的にジャガイモの味が好きだというのも大きいかも知れません。
まるごと茹でてナイフで切れ目を入れて、オリーブオイルと塩コショウだけで食べたり、更に簡単に、乱切りにして耐熱容器に放り込み、バターと塩コショウを入れてレンジでチン、など、小腹が空いたときにとても便利です。
日々の生活で一日三食お米のご飯の場合、おやつまでお米を食べようと思いませんし、お餅であっても同じものを食べている気分は免れません。
パンも良いのですが、それよりもしっとりと温かなものを食べたいとき、ジャガイモがあるととても嬉しくなってしまいます。

チョコレートやクッキーなどの甘いお菓子も常備していて困ることはありませんが、ジャガイモも意外ととても良いのではないでしょうか。
2016/07/06(水) 02:25 PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.